40代の乾燥肌におすすめのスキンケア方法

40代になると、お肌の乾燥が進む人が増えてきます。エイジングのサインですね。それによってシワが増えて目立ってきたり、毛穴が目立ってきたり、キメが荒くなってきたりと、お肌の悩みが際立ってきます。30代の時と同じスキンケアでは乾燥はますます進みます。

40代の乾燥肌のスキンケアは、保湿ケアだけではなくエイジングケアにも力を入れましょう。まずは乾燥が進むのを食い止めて、潤いのあるキメの整ったお肌を目指しましょう。

乾燥のタイプを見極めましょう

お肌の乾燥というと、油分が不足しているために起こるものと思われる人が多いかと思いますが、水分が不足しているためにお肌が乾燥するということもあります。お手入れ方法を間違うと却って肌荒れを起こしてしまいますので注意が必要です。

お肌の表面がカサカサして皮が剥けてきているような場合は油分不足である場合が多いですが、お肌の表面はカサついていないのに、お肌がつっぱるという場合は、水分不足である可能性があります。注意深く様子を見ながらお手入れをするようにしましょう。

油分不足の乾燥対策は?

40代の乾燥肌のお手入れには、保湿力の高いエイジングケアの化粧品を使うようにしましょう。乾燥しているお肌は硬くなっていることが多く、化粧品の浸透が悪い状態になっています。ですので、化粧品の浸透を良くするブースターは必須です。

そして、乾燥が出やすい目元は、皮膚が薄くデリケートです。必ずアイクリームを使ってケアをしましょう。目元専用の美容液も効果的です。エイジングケアの化粧品は保湿力の高いものが多いですが、特に乾燥のひどい人は、保湿力重視のエイジングケア化粧品を選ぶようにしましょう。美容オイルを取り入れるのも良いですね。

クリームはお肌の水分が逃げないように蓋をする大切な役割をしていますので、よく吟味してセレクトしましょう。エイジングケアの化粧品には、保湿だけでなく、加齢によるシワやたるみを改善してお肌のきめを改善することを目的とした成分が配合されています。毛穴が目立つのも、お肌のたるみが原因の1つなのですよ。

水分不足の乾燥対策は?

お肌がつっぱっていると、ついつい油分を補給したくなりますが、水分不足のまま油分を過剰に補給してしまうと、お肌のきめが粗くなってしまいます。お顔全体が、夏ミカンの皮のような状態になってしまうこともあります。水分不足によってお肌の内部が乾燥している人の場合は、油分を過剰に付け過ぎないように注意しましょう。

化粧水をいつもの2倍~3倍付けて水分を補給しましょう。お肌が水分を一度に吸収できる量には限界がありますので、2~3回に分けて重ね付けします。このとき、化粧水の浸透が良くなるように、必ずブースターを使いましょう。お肌の潤いに大きな差がでます。

おーえうインワンゲルや化粧水、クリームは、やはりエイジングケアの化粧品が良いですね。美容オイルはしばらくは使わずに、お肌の様子を見ながら使い始めるようにしましょう。目元は、アイクリームや目元専用美容液を使ってしっかりと保湿しましょう。40代の目元には特別なケアが必要です。

肌のタイプに関わらずやっておきたいケアは

スキンケアは洗顔から。と言います。クレンジングや洗顔料は、多少お値段が張っても、エイジング用のものを使いましょう。大切な潤いを取りすぎずにお肌を清浄してくれます。クレンジングは、オイルよりもクリームがおススメですよ。

関連記事

美肌を守る美容成分

化粧品は肌に合えばOK!ブランドにこだわる必要なし。

アンチエイジングと年齢肌に必要な美容ケア

ニキビにおすすめのオールインワンゲル

肌年齢対策に。エイジングケアに効果のあるサプリとは?

肌トラブルの予防にもコラーゲンが活躍